読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸ニッキ

小林丸々の日記用ブログ

儲かるの?2015年9月のアプリ収入でうまい棒を何本買えるか?

お金

 f:id:kbysoo:20151127165343j:plain

こんにちは。

わたしが「スマホのアプリを作っています」と言うと、よく質問されるのは「いくらくらい儲かるの?」という収入の話です。

確かに他業種の人の給料って気になりますよね。アプリ開発で一攫千金!なんて話も聞きますし興味がわく話です。

ということで今回は、不肖小林がこの質問に回答してみようと思います。

とはいえ、金額を直接明記するのも憚られますので、今回は上手くボカして「2015年9月のアプリ収益でうまい棒を何本買えるか?」を検証するという形で、回答させて頂こうと思います。

うまい棒が1本10円だなんて誰も知らないでしょうからね。

では、コンビニに行ってきます。

前提条件

わたしがコンビニから帰ってくるまでに、今回検証するアプリ収入の前提条件に目を通しておいてください。

  • 2つのandroidアプリの収入の合算値である
  • 1つは8月21日にリリースした
  • 1つは9月18日にリリースした
  • 期間は9月1日~30日である
  • 無料アプリであり、広告収入のみである
  • 広告はNENDのものである
  • 当たり前だが、10月4日にリリースしたiphoneアプリの収入は含まれない

開封の儀(コンビニ袋の)

買ってきました。

ぜぇぜぇ。疲れました。

なにせ相当な本数が必要だったので、都内のコンビニを駆けずり回ってきました。都のうまい棒の備蓄を買い占めてしまったかもしれません。

舛添さん、オイルショックみたいな暴動が起きてしまったら、すみません。

…ということで、開封の儀をおこないます。

 

↓大量のうまい棒が入っていそうな、上質なビニール袋です。

f:id:kbysoo:20151014234354j:plain

↓少し開くと、色とりどりのうまい棒が顔を覗かせます。

f:id:kbysoo:20151014234456j:plain

↓男らしくザバッと開封。大量のうまい棒の香りが部屋中にあふれます。

f:id:kbysoo:20151014234755j:plain

↓では本数を数えましょう。いったい何本買えたのでしょうか?

f:id:kbysoo:20151014235044j:plain

↓9月の収入です。つまり月収です。さぁ何本なのでしょう?

f:id:kbysoo:20151014235211j:plain

↓ジャ、ジャーン!!!

f:id:kbysoo:20151014235329j:plain

↓ついでに、ジャ、ジャーン!!!

f:id:kbysoo:20151014235816j:plain

 

!?

150円…

月収…150円…

戦後?

あれ?今、戦後なの!?

70年くらいタイムスリップした??

舛添さん、どうなの?ねぇ、なんとか言ってよ。舛添さん

 

アプリ開発者の食事

アプリ開発者が1ヶ月で口にできるのは、15本のうまい棒のみです。

これはわたしが弱小デベロッパーだからではありません。世の中のスタンダードです。シリコンバレーでもきっとそうです。ザッカーバーグもそうです。わたしだけがこんな虐げられている訳がない。

計算すると、15本÷31日で、1日に0.5本です。

これを朝昼晩でさらに分けると、1回の食事は1本の6分の1になります。

↓全長が11cmなので、2cm弱が1回の食事です。

f:id:kbysoo:20151015004052j:plain

↓これがアプリ開発者の朝昼晩の1回分の食事です。重さは1グラムです。

f:id:kbysoo:20151015004236j:plain

戦後?

あれ?今、戦後なの!?

70年くらいタイムスリップした??

舛添さん、どうなの?ねぇ、なんとか言ってよ。舛添さん

結論

なぜか、うまい棒が塩辛い。

 

 

広告を非表示にする